蜀同盟

蜀の民よ、集いたまえ。~諸葛亮中心の三国志話と、現代世俗話~

「蜀同盟」とは?このブログについて  お奨め記事一覧

蜀同盟(c)吉野圭

香港デモ死者を「初めて」と報道。日本メディアの中共化が進む

先日は香港の若者への愚痴を書いて申し訳ない。

悲惨な光景を毎日見ることが辛く、中国人民への八方からのヘイトに疲れてしまってつい書いた。書いても仕方のないことだったと反省している。現場にいる人々はもっと遥かに辛いというのに。

 

前記事で触れた「中国人民への八方からのヘイト」については、近々具体的な状況を記事にまとめご報告しようと思う。

これは古代中国文化に深く関わっている私だけではなく、同じ東アジア民の日本人にとっても他人事ではない危機だ。

このままだと今世紀半ばには東アジア一帯が血で血を洗う民族紛争で永久消滅する可能性がある。言い換えれば、東アジア一帯が消滅することを望み謀略している勢力がある。

今ここにある現実の危機。バカバカしい妄想と思わずどうか耳を傾けて欲しい。

 

その前に目下危機的状況にあるのは香港。

今、香港はまさに消滅の寸前にある

 

外国の政治に興味がなく、ニュースはテレビや大手メディアの記事や検索ブログでしか読まないという方のために、このブログでも状況を流しておく。

 

 香港デモで「初めての死者」と嘘をついた日本メディア

昨夜、テレビやインターネットの大手ニュースサイト記事で衝撃が走った。

www.jiji.com引用

6月から続く抗議活動に関連して死者が出たのは初めて。デモ参加者の怒りや反発がさらに強まり、抗議活動の激化も予想される。

… 周さんの行動については「警官隊の追跡から逃れようとしていた」という目撃証言があるほか、一部の香港メディアは「警察のせいで救急隊の到着が遅れた可能性がある」と伝えた。これに対して警察は「誤って転落したのではないか」と説明し、救助の妨害も否定した。警察の説明によると、催涙弾の発射地点は転落現場から約120メートル離れていたとされ、真相は不明だ。

 

この記事の何が衝撃的だったのかと言うと、「香港デモに関連して死者が出た」と言う事実ではなく、「死者が出たのは初めて」と報じた日本メディアの堂々たる嘘だ。まるで共産国のような嘘。

 

毎日、香港デモ関連の情報を眺めていた我々は目を疑った。

何故なら、デモ隊側の死者は毎日出ているからだ。

 

香港警察に逮捕された学生や子供たちが、毎日ビルの上から投げ棄てられたり、川に投げ棄てられている。体中に暴行された跡を残しながら、あるいは後ろ手に縛られた姿で棄てられているのに、彼等は警察によって「自殺」と報じられる。

“香港の天安門化”

が囁かれて久しいが、実際にはもうとっくに天安門化しているのである。

1989年の天安門事件と違うのは、海外メディアの前で戦車を用いて華々しく殺戮を誇るのではなく、密室で暴行して静かに殺していることだ。

あの悪魔たちは海外メディアの批判を回避して思う存分に殺戮を愉しんでいる。天安門よりたちが悪い。

 

殺されることのなかった逮捕者たちも皆、レイプされるなど何らかの性的暴行に遭っている。

これは男女問わず。小学生などの幼い子供までもである。

始めから性的暴行を目的として逮捕しているのか、香港警察たちは美麗な男子や女子、可愛い子供を取り囲んで連れて行く。デモに参加していない、ただ道を歩いているだけの子供にまで因縁をつけ連れて行くこともある。

 

また街中では香港警察(または中共)の命を受けたと思われる「ヤクザ」たちが横行し、デモ隊で名が知れた学生たちを取り囲んで殴ったり、刺したりしている。

文字通り「やりたい放題」だ。

 

参考ツイート:

 

 

日本メディアは中国の国営放送局化している

それなのに日本メディアは「初めて死者が出た」と強調して報道したから、ゾッと寒気を覚えた。

 

「香港警察が発表してもいないのに、デモ関連で死者が出たと報道できないのは当たり前。証拠もないのに報道できるわけないだろ」

と思われる方はいるだろうか?

そう思う人はきっと脳が共産主義に毒されている。

一昔前の日本メディアなら、共産国が関与したことが濃厚な犯罪は当該国の政府発表がなくても報じた。天安門事件が良い例。

(天安門事件、中共発表では死者僅か。欧米メディアは一万人以上と発表。日本メディアも欧米に従い、市民に向かう戦車や発砲する人民軍の映像も流した)

 

そんな一昔前と違い、今は中共の指示通りの言葉を垂れ流す日本メディアが恐ろしい。

中共の指示をそのまま垂れ流すとは……。

テレビ朝日やTBSはいつもそうだから当然と思うが、NHKも、テレビ東京まで。ヤフーも、時事通信も。

 

日本メディアが一斉に中国共産党の官製メディアとなってしまったかのよう。不気味過ぎる。

 

もちろん左翼化・中共化は今に始まったことではないのだが、想像以上に日本メディアの中共化が進んでいるようで恐怖を覚える。

 

このまま日本は中国によって、精神的に(やがては物理的に)侵略されてしまうのだろうか?

バナーはこちらです。DL・適当にリサイズしてお使いください。
f:id:yoshino-kei:20190722074012p:plain