蜀同盟

蜀の民よ、集いたまえ。~諸葛亮中心の三国志話と、現代世俗話~

「蜀同盟」とは?このブログについて  お奨め記事一覧

蜀同盟(c)吉野圭

張飛という名の無名集団

張飛、字/益徳について。

張飛の一般的イメージをまとめると
「豪胆、マイペース、気が短い、正直者」
であるらしい。
※参考:「無双占い」

良く言えばワイルド、悪く言えば乱暴で粗野な印象。
少なくとも、教育のある人物ではなさそう。

でも私のイメージには、こういう典型的な「張飛」という人物は存在しない。だから今後も小説で、上の張飛を登場させることはしないつもりでいる(予定)。

現実の張飛はどのような人物だったのか。
史料を見ると、張飛は謎の多い人物。
故郷は劉備と同じ郡、若い時に関羽とともに劉備に仕えたという。
けれども、彼のバイオグラフィについてそれ以上の情報は『正史』にはない。
また性格についての記述も僅か。
目下の者に辛く当たったという記述以外、性格に言及した文は見当たらない。
(あくまでも私の乏しい史料の中では)
豪胆だという性格は、曹操軍急襲の際に殿を勤めたときの、
「我こそは張益徳……かかってこい」
うんぬんの件から生じたイメージだろう。
現代に伝わる張飛の一般的人物像は、ほとんど羅貫中の創作なのではないかと私は思う。

まず、
「まったく教育がない人物」
として描かれる点。
これは現実とは異なるフィクションだと考えられる。
張飛は晩年、国家で責任ある地位も任せられたほどの人間なのだから、少なくとも当時の最低限の教育だけは受けていたはず。

では張飛のリアル・バイオグラフィとは……

***以下、著者の推測***
張飛は劉備の幼馴染。または都で一緒に学問をしていた者。
馬商人のボディーガードを始めた劉備とともに、任侠者たちと交わるようになる。(任侠者たちの中の一人が、関羽)
任侠者たちとの交流が深まり、劉備とともに義勇軍を結成。
***以上、オリジナル***

と、自慢するほどのものではなかったな…。結局のところよく分からないということ。
小説ではこれにプラスアルファをするつもりでいる。

ところで私には、『正史』からも『演義』からも名前が消えてしまった人々がいるように思えてならない。
それが、上の推測で出した 「浪人たち」。
劉備は彼ら全員を兄弟として扱って、戦場でも伴に寝起きしていた。
(つまり劉備の義兄弟は、たった二人だけではなかった)

この無名の人々は教養がなかったために、最期まで地位を与えられることなく戦場で散ったものだろう。

張飛のワイルドで粗野な人物像は、無名のまま消えた劉備の義兄弟たち全てを表したもの……と私は思っている。
無名の集団をまとめていたのが張飛だったので、彼らに
「張飛」
という名が与えられたのかもしれない。

その後、大衆によって伝えられたイメージを使って羅貫中が創作、完成したのが、現代の一般的「張飛」という人物像では。

バナーはこちらです。DL・適当にリサイズしてお使いください。
f:id:yoshino-kei:20190722074012p:plain