蜀同盟

蜀の民よ、集いたまえ。~諸葛亮中心の三国志話と、現代世俗話~

「蜀同盟」とは?このブログについて  お奨め記事一覧

蜀同盟(c)吉野圭

思うこと、呟き

【速報】香港が天安門化、大学へパトカー100台と893進軍中

ブログのみご覧になっている方へ速報。 先日、沈黙を守ってきた日本のテレビメディアも銃撃の様子を報道したが、いよいよ香港の「天安門化」が本格的になってきている。 昨日は大学へ香港警察が突入、学生が火炎瓶で防御して戦場状態に。 これはネットサーバ…

香港デモ、若者たちの過ちへ少し愚痴

(まとめない呟きです) 最近Twitterで香港情勢に翻弄されていてブログ更新がおろそかになってしまった。 だがTwitterも正直疲れてきたな。人の血や死体を眺め続けることに。 常に戦闘状態の現場を眺めることも精神的に負担となっているのだけど、何より辛い…

引き籠もりの諸葛亮、AIは意外に「リーダーシップ有」と診断する

去年末頃AIがテキスト文章から性格診断してくれるというサイトを見つけ、色々と自分の文章や他人の文章を入れて分析し遊んでいた。 ついでに諸葛亮の『出師表』もテストして結果をプライベートブログへ掲載し、一時期ここでもリンクしていたが。 プライベー…

巨大な力を「受け流す」手法はあらゆる場面で有効、軍事でも適う

再び豪雨被害が警戒されている。被災地の方々の心労はどれほどだろう。胸が痛い……。 ツイートの繰り返しで想いを綴るが、これほど毎年甚大な被害を受け続けるわけにはいかないのでは? 日本もそろそろ「痛みに耐える」だけではなく、合理的に、古代人の知恵…

香港の若者たちへ。中華人の生き残り、命を繋げてくれ

香港の人たちに「勇気ある撤退・亡命を」と提案してみたのだけど、軒並みスルー。 それはそうだろうな(こんなのに「イイね」押しただけで仲間内で問題となりそう)と思いつつ、気持ちを抑えられず夜中にツイートした。 今は不愉快でも、「逃げる」という選…

「なぜ、あの歴史は消えたのか」感想。明智光秀、保科正之…日本は逸材の宝庫

昨夜テレビ東京『なぜ、あの歴史は消えたのか』を観た。 前にこの番組は織田信長について、まるで中共が毛沢東を語る時のように都合の悪い虐殺などを伏せて「善人だった」と絶賛する捏造史観を作っていた。 そのためあまり興味が持てず、最初のほうは漫然と…

水革命よ、拡散せよ。香港臨時政府宣言に“軍師気取り”で言及してみる

4日、香港デモ隊が「香港臨時政府宣言」を発表した。 togetter.com まだツイッターで拡散されている次元の話で、有名メディアもこれを「一部デモ隊が発表してネットで広まった」と報じているのみ。 工作員が流したフェイクニュース説もあるが、その考えもい…

歴史を学ぶ意味は「自分を知ること」。温故知新の逆で三国時代も理解できる

※画像:ドラクロワ『民衆を率いる自由の女神』 民不在の『三国志』に違和感 『三国志』の解説書やファン同士の会話を眺めていて私が最も違和感を覚えるのは、民についての話が一切出て来ないことだ。 知識が豊富で、まるで当時生きていた人のように三国時代…

日本人が香港の人々をリスペクトしないことは、戦略的に不利である

本日のネットを眺め雑感。 香港デモへの日本人?の反応に引く 本日さっそく悪名高い『知恵袋』へ、香港デモで警官に撃たれた高校生への嘲笑がたくさん書き込まれていた。 「撃たれたのは自業自得だろ」 「完全に正当防衛だ」*1 等々……。 非人道的な書き込み…

香港デモ、警察がついに発砲。香港人はもっと長期を考え生き延びるべき

中華人民共和国建国70周年の軍事パレードが大陸で行われていた1日、ついに香港で警察がデモ隊へ発砲。高校生が重体となっている。 香港大学が撮った映像では、かなりの近距離で撃たれたそうです!!!#HKprotests #HKPoliceTerrorism #hkpolicebrutality …

「曹操が諸葛亮を評価しなかったのは意外」という話こそ意外

アンチ蜀の人たちは「曹操は諸葛亮を評価しなかった」という話が大好きなようだ。 この件について現実的な話をしてみる。 アンチ蜀?のツイートより ここのところ意識が三国時代から離れていて、このジャンルの記事がおろそかになっていた。申し訳ない。 自…

洗脳されている人へ「失礼のないよう」気遣い続けると、いずれ怖いことになる

私は洗脳*1されている人と話をすることが苦手だ。 誰だってそうだろうが私は特に相手と向き合ってしまい、なおかつ本音を口にするタイプなのでダメージを負いやすい。 洗脳されている人とはたとえば、宗教の信者・何かの健康法にはまっている信者・思想団体…

諸葛亮は常識人? 「独創性」とは何だろう。村上龍氏の記事を読んで考えた

これはこちら向けの記事だったためプライベートブログから移動します。 2019/5/24筆。 気楽な雑談です。歴史含む。 「諸葛亮は常識人」……、か? ネット検索していて、 「・・史実の諸葛亮は、常識人である。人が驚くような奇策を思いつくタイプではない。(渡…

言及ありがとうございました。民主主義、共産主義など雑感

Average Joe's Garageさん、いつも言及ありがとうございます。 le-chat-noir-1207.hatenablog.com 高校生とバトル……は、さすがに恥ずかしいですね。笑 一応は説教のつもりでした。「自分の頭で考えろ」ということを長々と語ったつもりですが、当然ながら思考…

死屍累々でも、社会主義信者が生まれ続けるのは何故なのか

※アイキャッチ画像:ピカソ『ゲルニカ』 左翼に絡んでみた、その後 前回『 「我々はナチスと対極」発言に驚いて、左翼に少し絡んでみた(ツイートまとめ)』で転載した相手方との対話は、あれからずっと続いてしまった。 返信する私が悪いのだけど、まともに…

本に囲まれ、崩れた本で圧死したい(理想の老後と死に方)

今週のお題「理想の老後」 険悪な話が続いて疲れたので【お題】へ乗ってみる。 私の「理想の老後」は―― 本に囲まれて毎日ひたすら読書して過ごし、最期は崩れた本で圧死したい。 というもの。※ え? そうです、私は本好きの変態です。笑 書かなくてもご存知…

読者登録200越えに感謝。アクセス解析発表

読者様へのメッセージのため敬体で書きます。 皆様たくさんの星と、メールにて応援メッセージをありがとうございます。 気付けば当ブログの読者登録が200を超えていました。登録に感謝致します。 今は時間的に余裕がないのでまだ全てのブログ様を見ること…

「三国志展」に三国時代の息吹は無いが、人形劇・横光ファンは愉しめたのかも

「曹操マンセー展」……もとい『三国志展』、開催終了まで僅かの今になって駆け込みで行って来た。 中共の思惑に乗るのはとても悔しかったが、やはり心情的に行かざるを得なかった。永久の心残りになってしまいそうな気がして。 最近は中国周辺の情勢が不安定…

かつての青年は風とともに生きた。ボブ・ディランと阿久悠の歌

先ほどYouTubeで迷い込み、聴いていて涙が出た曲。 もちろん昔から何度も耳にしたことのある曲だが、世代ではないのでじっくり向き合うということもなく、この年になって※初めて歌詞が身に染みた。 ※プライベートブログに通われている方は筆者の年齢をご存知…

ギフテッドの苦悩が初めて光を浴びた。今の時代に生まれた君たちへ

相変わらず歴史捏造話を流し続ける「憎きNHK」。 先日も三国志・人形劇でファンの心を踏みにじる非道な行いをしたので腹を立てていた。 だけど、たまに良い番組があるからN国へも投票しづらい。 (N国へ投票しづらいのはそういう問題じゃない。笑) 以下、本…

中国語の「鬼畜」が中製日本語だったという面白い話

本日は軽めの話。 最近、中国版の「知恵袋」ふうサイトを眺めていて 「諸葛亮+鬼畜」 タグが付いた記事が多いので気になった。 諸葛亮が「鬼畜」扱いされている? これは中国でまた、日本のような極端な悪口が浸透し始めたということか?? 中国版「知恵袋」…

「頭のおかしい隣人・韓国」には孫子でも対処できない… 困った同盟国をどうするか?

私は民族や血統のヘイトが嫌いだからネット上でずっとこの国について話を避けてきたが、さすがに昨今の韓国政府の言動には呆れて言及したくなった。 まるで人格異常のストーカーの言動を眺めているかのよう。 自分勝手な被害者としての物語を作り、とうてい…

「孔明は日本の先祖」という釣り記事で、諸葛亮が反日ターゲットとなった理由を知る

先日引用したサイトでもう一つ、気になった記事。 gendai.ismedia.jp 「諸葛亮孔明は日本の先祖だった!」と、トンデモな内容を想像させる記事タイトル。 まさか「曹操様は我々の先祖、朝鮮民族なのだ!」と主張している韓国人のような妄想論理を展開させて…

「偉大なる平凡人」という救いの言葉 吉川英治『諸葛菜』解説記事を読んで

昨夜引用したツイートのなかでリンクされていた記事、 『吉川英治『三国志』~「偉大なる平凡人」孔明』 を読み、改めて吉川英治の言葉を思い返していた。 吉川英治の評伝『諸葛菜』にはプライベートブログのほうでも触れたことがあるのだけど、一般向け解説…

#諸葛亮 2019年8月14日より抜粋

『三国志展』「九州会場スペシャルカウントダウン第6弾」は#諸葛亮だったらしい。 \東京会場開催中!#三国志展 九州会場 開幕まであと48日!!/スペシャルカウントダウン第6弾は #諸葛亮。戦乱の時代に開発された新兵器「鈎鑲」とは一体…。詳細は公式サイト…

空旅中国「孔明が挑んだ蜀の道」(NHK)レビュー

8月14日放送『空旅中国「孔明が挑んだ蜀の道」』の感想、少し遅くなったが書いてみる。 全体的なこと 余談 NHK問題 成都~漢中 金牛道 ざっくりした『三国志』の説明には首を傾げる 剣門関 山脈を潜り抜ける峡谷 ロウ中古城の雰囲気はとても良い 明月峡の…

はてなが企業として極左を援護するのはどうなんだ

おかげ様でアクセスは右肩上がりだった当ブログ。 しかし昨日いきなりアクセスが減った。どうやら香港デモや中共への批判記事を書くと一気にアクセスが減るみたいだ。 元々ここは「はてさ」と呼ばれる左翼活動家が多いらしい。だからアクセスが減った? それ…

「自閉症スペクトラム」テスト再受診。独自性ある変人でもASDとは限らない

〔8/15追記あり〕 「自閉症スペクトラム」について書かれた記事が話題になっていた。 ここに書かれたテストが気になったのでネットで探し、自分もやってみた。 (プライベートのほうでも以前同じテストを受けて結果を書いた気がする。今回は再確認のため受け…

古市憲寿、芥川賞選評でピンチ。選考委が「翻案」扱いしたのはまずいことだった ※参考リンク追加

文字通り「文藝春秋をまだ買っていないが芥川賞選考評は気になる」者(笑)として、こちらを興味深く読んだ。 anond.hatelabo.jp 上記事から選考評を引用。 まず山田詠美はこう書く。“(参考文献の)木村友祐作「天空の絵描きたち」を読んでみた。 そして、びっ…

今生きている人は皆がサバイバー。生きる意味を探すより生を肯定して歩こう

今週のお題「人生最大の危機」に乗って書いてみます。 2019/8/22追記あり 私にとっての危機は十代の頃 自分の人生で最大の危機はいつだったのかと考えてみると、やはり前も書いたように思春期の頃だったと思う。 インポスター症候群で危うく死ぬところだった…

バナーはこちらです。DL・適当にリサイズしてお使いください。
f:id:yoshino-kei:20190722074012p:plain