WHOと中共の謀略は『史記』を眺めているようだった【他、言及返答】

新型コロナウイルスについて言及いただいた件、続きの記事です。
細かいお話について返答……しようと思って書き始めましたが、返答と言うよりも題材を与えられて自分の考えをまとめた記事になってしまいました。

長文なので、言及されたご本人も全て読む必要はありません。興味があるところだけ読んでいただければ幸いです。
(ここから下は常体で書きます)

WHOを操り一時的勝利を得た中共

まずはこちらの記事から。 le-chat-noir-1207.hatenablog.com

>WHOのテドロスが中国から自国に資金をかなり援助してもらっていることを考えると、やっぱりコロナは中国共産党が犯人だと思います。

そういうこと。
有識者は皆が知っていることなのだけど表立って誰も言わない状況が恐ろしい。
世界でこの明白な真実を指摘するのは米国トランプ政権と台湾人くらい。
日本のメディアにてこの件に触れるコメンテーターはほぼゼロ。与党も野党も親中だから絶対に言わない。日本人で声高に叫んでいるのは今のところ遠藤誉さんだけだ。

参考記事:『習近平の武漢入りとWHOのパンデミック宣言』遠藤誉

※右翼系の人たちも中国の脅威を語るがそれは「中国人ヘイト」であってただの差別以上ではなく、現状を正しく把握しているとは言い難い。そもそもあの人々は中国の歴史について中学生程度の知識すら持たないため、元寇がモンゴル人によって起こされたこともご存知ないようだ。それで「漢民族が―」「チャイナが―」と叫んでいるのだから始末に負えない。
現状についても正しい分析をされているとは思えない。WHOと中共の繋がりを認識しているのか疑問。まして現内閣に中共の手先がいることを理解しているかどうか。(日本政府に対しては盲従してしまう人々なので、日本政府が中共に操られたと知っても近平万歳!と叫んで売国するのだろう)

他に真実を語るのは大陸から反共を叫ぶ有志個人だけ……、という情けなさ。
中共へ忖度する世界各国の首脳たち、日本政府と日本メディアがだんまりであることが腹立たしい。
命懸けの大陸人有志の勇気を少しは見習えよと思う。

しかし今回の新型コロナの中共戦略では、WHOを操ることで世界征服まで可能になるのだということを思い知ったね。
まさか古典的な生物兵器という手法を使うとは世界の誰も思わなかった。だからWHOが利用されることも盲点だった。
WHOに台湾が入っていないことから、中共がWHOを使い台湾侵略の素地を作ることは想定できたはずなのだが、生物兵器があまりに古典的でハイリスクであること等から通常の国家の発想では「有り得ない」と考える。それが盲点となった。

無論、自国民の虐殺という残虐行為は許し難く、イナゴのように他国を食い尽くすだけで最終的に中共が勝利することのない戦略なので
「敵ながらアッパレ」
などと私は思わないのだが、まるで『史記』を眺めているような怒涛の展開には目を見張った。

欧米人にはこのような自国民から先に棄てる戦法は理解できないだろう。
特攻の自己犠牲精神とも異なるので、中国史を知る日本人にも発想することは難しいと思う。
古代中国人なら想定できるが実行する者には憤るはず。あまりの残虐行為に、人間なら許すことができない。このような行いを発想して実行できるのは悪鬼だけだ。共産国という悪鬼国家。
だから未だに米国人は「中共がミスして生物兵器を流出させてしまった。そのことを隠蔽した習近平のせいで感染拡大した」と考えているし、欧州人も「人類の共通の敵であるウイルスと戦う。そのために中国の協力を仰ぐ」などと甘いことを口走ってしまう。敵はウイルスではなく中共なのだと気付くべき。

ここでお願い 

皆様もぜひツイッター等で #中共病毒 #中共ウイルス #CCPvirus という言葉を広めてください。「武漢ウイルス」などと呼ばれ始めているが、虐殺の被害者である武漢市民の名が付けられるのは不憫でたまらない。
これもお奨めタグ: https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%AD%E5%85%B1%E3%81%AF%E4%BA%BA%E9%A1%9E%E3%81%AE%E6%95%B5


一応、陰謀論も検証

ちなみにこの新型ウイルスはロスチャの人口削減計画でもないしワクチン利権でもないと思う。笑
なにしろこのウイルスのせいでユダヤの築いた金融・経済システムは打撃を受け、ロスチャ一族の世界資産も減ったことだろう。一年間のワクチン販売ごときでとうてい取り戻せるマイナスではないはず。
さらに国境は次々封鎖され、世界中が鎖国状態だ。噂によればグローバリズムで世界支配を目論んでいるはずの彼らの思惑とは真逆の結果となっている。

検査不要教

次に、検査不要教について。

>検査不要論というのは、工作員の人殺し工作である可能性もありますが、しかし、もともと健康だった人が病院でうつる可能性を考えた(そちらの方が確率が高かった)、とも考えられます。

仰る通り。
おそらく始めは誠実な医師による、「検査を求める一般人が病院へ殺到することで医療崩壊が起きる」という提言だったはずだ。

でもその提言が親中内閣によって拡大解釈されている。故意に。

症状もない人が確認のためだけに病院へ殺到すれば感染爆発が起きるそんなことは当たり前。
ただそれを防ぐために普通の誠実な医師なら
「検査の必要ない人が病院へ行かないように受診のルールを定めるべき」
と提言するだけだろう。
「検査は危険だから受けては駄目! 一人でも病院へ行って検査を求めたら100%医療崩壊する!!」
などという、現実では有り得ないイメージ作りをして一般民の恐怖を煽り、医療行為そのものを完全に封じ込めようとするなど理屈に合わない。

肺炎となり高熱が出ている人まで検査させないように妨害し、治療を受けさせず放置して殺してしまうのは異常事態だ(さらに「風邪」ということにして自宅療養させるのだから、死ぬまでに家族など複数人へ感染させる)。
これは既に権力による虐殺が行われていると言っても良い。
武漢のように分かりやすい大規模虐殺ではなく、表沙汰にならないようひっそりと行われている殺戮行為だ。

裏付けの話をすれば、そもそもイタリアの感染爆発を検査・治療のせいにしてきたのはWHOだ。つまり中共制作のフィクションに過ぎない。

〔現実〕

現実にイタリアやイランで感染爆発が起きたのは検査をしたからではなく、中国人移民が多かったため(ハグ文化や宗教儀式も関係あり)。さらにイタリアで医療崩壊が起きたのは中国人移民や観光客が先に病床を占領したこと・重症化する高齢者が多かったこと、そのうえ医療施設削減で病床が少なかったから。

WHOは中国以外の国で多くの感染爆発が起きて欲しいので、医療封じのために「検査・治療は危険」というイメージを造ってきたのだと思われる。日本では左翼雑誌BuzzFeedや親中メディアに出演する医師たちがそのイメージを強烈に後押した。さらにSNSにもネトサポが大量投入されて「検査危険! 検査不要!」教を叫び反対論者を攻撃して言論封殺している。
※そんなWHOが、中国が終息宣言をした直後には急に「検査が必要」論者へと転向した。あの二枚舌・岩田健太郎医師もビックリ(笑)、見事な手のひら返し。おそらく今度は単独での勝利宣言をしたい中共が、「他国の患者数を増やすように」とWHOへリクエストしたのだろう。……日本左翼と親中ネトサポはこれでまた右往左往することだろうな。国内だけの問題ならシンプルにいつもの左右でバトルしていれば良かったのだが、外国の共産政権が絡むと二転三転するから参るだろうと思う。ご愁傷さま。


安倍首相の休校について誤りか否か?


あともう一つ。こちらの記事への返答。
le-chat-noir-1207.hatenablog.com

面白がってくださって感謝。
あれはあまりにもイラッときたので口が悪くなったよね……笑。
プライベートブログの読者様が見たら軽蔑するだろうなあ。ゴメンナサイ。

安倍首相の一斉休校について、彼のやることなすこと反対する左翼党の人たちの考えはとりあえず完全無視でOK。笑
無考えに反発するだけの人たちの言葉には一切価値がない。
それは付和雷同の安倍崇拝者と完全に同種、脳無しロボットたちの自動プログラムに過ぎないので。

私があのとき腹を立てたのは、そもそも始めから春節前に中国人観光客をシャットアウトするという「英断」をすべきだったのに、今さら「英断」ぶって休校したから。酷く幼稚な態度に感じられた。
しかもそれが科学的・合理的に誤りである可能性が高かった。

私は感染症の素人だが、科学的に誤りであることは少しウイルスの情報を調べれば素人でも分かる。
今回の新型コロナはインフルエンザと真逆で、子供ではなく成人間で感染拡大し重症化しやすいからだ。
学校を休校させれば子供は年配者に預けられる。その子供は症状が無くても感染している可能性がある。そんな子供から年配者へ感染が広がる確率は高い。それは感染爆発と医療崩壊に繋がる。
現に自国民へウイルスをばらまく際、中共は媒介として犬を使ったという。犬は症状無く人へ感染を拡散させるからだ。犬の代わりに媒介として日本では子供を使おうとしたのではないか、と私は見ている。無論、安倍さんは誘導されただけで自覚はないだろうが。

参考:毎日新聞だが「新型コロナ、イギリスと日本の対応違い」まとめ
https://mainichi.jp/articles/20200318/ddm/012/040/051000c より引用

結果……。
日本では多くの子供が年配の祖父・祖母へ預けられた。
さらに子供たちは家でじっとしていることができず、外に出たいと騒ぐため、年配の祖父・祖母が公園やショッピングへ連れ出している現状がある。

現に私も昨日、公園で多くの年配者が幼い子を連れて遊ばせている状況を目撃している。人出は多く、密集したなかで子供たちはじゃれ合う。遊具をべたべた触りながら遊び回る。さらに子供が遊んでいる間、暇となった年配者は年配者同士、お喋りしていた。
厳戒態勢の欧米人がこの光景を見たら悲鳴を上げるだろう。「日本人は感染症を広げるために休校したのか!」と言って。

危惧した通りになったと思う。これから年配者の感染者が爆発的に増えるはず。(日本政府は患者の検査をさせないので数として明るみに出ることはないだろうが)
こんなことなら、学校のスペースが広い教室で間隔をあけて座らせ、教師管理のもと子供たちの感染防止を徹底させたほうがよほど拡散抑止になったと思われる。

休校について苦言した記事:『日本の首相は幼稚園生なのか…。安倍さんは『三国志』くらい読んだら? 』

また、「アベ様は経済に打撃の少ない方法として休校をお選びになったのだ。英断だった」という称賛もよくネトウヨ界隈から上がる。だが現実は子供の面倒を見るために休む親が多くて経済への打撃が半端ではない。
これなら政府主導でテレワークを拡大させたほうが抑止の効果は高く、経済への打撃が低く済んだだろう。

この方向性が真逆な政策の結果。おそらく今が真冬だったら日本人の7~8割は感染し、医療崩壊が起きて道端に人の死体が転がる光景が現実となっていたはずだ。
幸い今は陽射しが強くなり春を通り越して夏に近い陽気。この気温の暖かさによって免疫が高まりウイルスが撃退されることを願うくらいしか希望は無い。
(それにしても、気温のおかげでウイルスが抑止された場合は安倍信者がまた「アベ様の英断のおかげ!」という話を吹聴すると思われる。国家トップの下手な運転でも完全死に至らずかろうじて救われてきた日本人。神様は日本人を甘やかし過ぎかもしれない)


>おかげでみんなが目覚めてマスク着用するようになったじゃないか。(少なくとも東京は。)
>マスク不要論(という殺人左翼の捏造論)よりも、他人にうつさないためのエチケットとしてマスク着用者が増えた模様。

これは同意(笑)。
日本には政府の意見を素直に聞く国民が多いから、ようやく一般にも危機感が出てきたなと思う。
※そのわり公園に繰り出す国民が多いのはメディアに出て「公園で感染はしないから大丈夫」と宣伝している医師がいるから。例によって日本で感染を拡大させたい御用医師だろう

なお。いつも書いている通り、私自身は安倍信者でもアンチでもない。政策しか観ていない。

個人的に思うに、安倍さんは至らないところだらけだが「極悪人の殺人者」と言うほどの異常者ではないと感じる。
今も実は国民の命を救いたくて一人で悩んでいるのでは。まあ、それほど必死なわけではないようだが、ごく普通の人だから国民が死に続ける光景を見れば胸が痛くなることだろう。
しかし今、どうやら安倍さんに提言する「専門家」もいないようだ。
毎日新聞曰く「科学が政治に負けた」とのことだが、そもそも安倍首相には科学的知識が無いのだ。頑張っているが、知識は一般のおじさんと同じ。
それでワイドショーを見たりして翻弄されている様子がうかがえる。
ネトウヨは絶対に認めないし激怒するだろうが、安倍首相が『モーニングショー』玉川の意見通りに動いているのが分かる。わりと素直な人だ。

民間の声に耳を傾けることはとても良いこと。
でもその前に、心に人道があれば2Fや厚労大臣に翻弄されて殺人大国と仲良くすることなどなかったはずでは?


彼には、自分自身に基準が無いように思う。
一国の首相が自分の心のなかに「正しさ」という基準を持たないのはいただけない