新型コロナウイルス会見で観察された、安倍晋三さんの政権内孤立


現代世俗の話であるが、前回と前々回は中国古典に絡めて当ブログで書いたので続きとしてここで書く。

前回:


前々回:


安倍さんは政権内で孤立している可能性が高い

あれから安倍首相と他大臣の言動を眺めていて明白に分かったのは、安倍晋三さんが政権内で孤立しているということ。

何故なら首相が緊急会見を開いて明言したことを、翌日に他大臣が無効化するという攻防が観察されたため。

〔令和2年2月29日 首相会見〕

  PCR検査については、検査がしたくても保健所で断られ、やってもらえないという御指摘をたくさん頂いております。保健所は都道府県や政令市の組織ですが、政府として、医師の判断において感染を疑う場合には検査を行うよう、これまでも繰り返し依頼を行ってきたところです。また、その地域の検査能力に限界があるために断られるといったことが断じてないように、広域融通によって必要な検査が各地域で確実に実施できるよう、国において仲介を行います。
 来週中に、PCR検査に医療保険を適用いたします。これにより、保健所を経由することなく民間の検査機関に、直接、検査依頼を行うことが可能となります。民間検査機関の検査能力も大幅に増強されます。
 加えて、現在、検査の中で2、3時間を要しているウイルスを検出するための作業を15分程度に短縮できる新しい簡易検査機器の開発を進めています。この1か月間、試薬の開発、精度向上などに取り組んできたところであり、3月中の利用開始を目指します。
 こうした取組を総動員することで、かかりつけ医など、身近にいるお医者さんが必要と考える場合には、すべての患者の皆さんがPCR検査を受けることができる十分な検査能力を確保いたします。

この会見を聞いたとき、私はようやく安倍さんが習近平の手先ではないことを理解した。
実はそれまで、彼も既にあちら側で日本国民を殺す手伝いをしているのでは…?と疑っていたのだった。(だから蜀へ行って近平と密約したのでは?などと半ば本気の冗談を書いた)
もちろん100%疑っていたわけではないのだが可能性として考えなければと思っていた。
しかしこの会見で安倍さんの疑いは晴れた。彼はただ何も分かっていないだけだ。

ネット上には安倍さんのことが嫌いな人は大勢いるだろう。
私も彼のことが個人的にあまり好きではない。私は何の団体にも属さないので政治的なアンチではないが、保身のための汚い嘘をつくことと、場当たり的な(良く言えば「臨機応変な」笑)政策しかできずに結果として日本を悪い方向へ導いていることは批判すべきと思っている。申し訳ないが彼には国家運営を担うに足る能力は無いと思う。
でもメディアやSNSで宣伝されているような「悪魔」「サイコパス」ではないと感じる。よく安倍さんをヒトラーに喩える言説を見かけるのだが、拷問を愉しむ異常な人格には見えない。

言わば、安倍さんは普通の人だ。サラリーマンだったら多少「ムカつく」程度の嘘つき上司。
普通に欲があり保身のための嘘もつく。ただし、積極的に人を殺したいと思っているわけではない。殺人を愉しみ暴力に快楽を覚えるタイプではなさそう。

そんな「普通の人」の目から見て、新型コロナウイルスに感染した国民が検査も受けられず・診察治療を拒否されて病院をたらいまわしにされ、次々死んでいく現状は胸の痛い光景として映っているのではないだろうか?
人としての心が僅かでもあるなら、この現状を喜ぶことなどできないだろう。
(なおネトサポ/ネトウヨ/パヨク等、この現状を悦び快楽を持って眺めている者たちは存在する。その者たちは人の苦しみを糧としている正真正銘の悪鬼だ)

だから安倍さんは一般の人と同じように、何故にPCR検査を保健所が拒否するのか、治療も受けられず重症化する患者で国内が溢れているのか疑問を覚えているはず。
しかし厚労大臣や感染研へ対応を求めても無視される。
彼が自ら動き改善を進めようとしてもおそらく何者かによって阻止されているのだろう。

そこで独断にて会見を行ったものと思われる。

そもそも他の大臣たちへ相談もなく、唐突に会見するという行動それ自体、首相が政権内で孤立していることの証だ。
自分と一般国民の間にガラスの壁があるなら、直接に国民へ訴えて既成事実を作ろうとしたのだ。

加藤厚労相らの「政策潰し」で安倍さん孤立が確定

ところが3月2日の答弁では加藤厚労相が明々白々な「政策潰し」を行った。

安倍さんは会見で
身近にいるお医者さん(かかりつけ医)が必要と考える場合には、すべての患者の皆さんがPCR検査を受けることができる
と言っていたのだが、「すべてって、希望者全員ですか?」と野党が前提をすり替えたので
検査を受けたいという方がすべて受けられるということではなく、医師が判断する
と回答した。
野党はこの答弁をもって「嘘つき」とまた責めていたし、翌日の新聞等でも「首相がトーンダウンした」と報じられたのだが、彼のなかでは前提は変わっておらず当然の回答をしただけと思う。

そもそも安倍さんは始めから「かかりつけ医が必要と判断した場合」と述べており、希望者全員とは言っていない。
希望した人全員が検査を受けられるとしたなら大変だ。まだ感染していない人が検査のために病院へ殺到した結果、感染爆発を起こした武漢の二の舞となる。
答弁として正当だろう。トーンダウンのイメージを偽造するのは汚い。

重要なことは、この時点で安倍さんはまだ「かかりつけ医からの直接の検査依頼」を想定しており、正当な答弁をしていると感じられること。

ところが加藤厚労相は、
基本は「帰国者・接触者外来」でお願いしている。追いつかなくなる段階で、都道府県の判断でかかりつけ医等に切り替えていく
と述べた。
つまりこれを意訳するなら、
「武漢のような感染爆発が起きて日本が滅びることが確定したとき、感染者にPCR検査受けさせてあげますよそのときはもう手遅れで日本人全員死ぬんだけど。日本人ざまあw」
と仰っているわけだ。

さらにこの後、加藤厚労相が実際行った「保険適用での検査」は安倍さんが想定したような「かかりつけ医から直接」ではなかった。

「保健所を通さない」ことは事実そうでも、「帰国者・接触者外来が指定する専門の医師だけ(政府の息のかかった医師だけ)」が検査の要否を判断できるのだという。
つまり結局、政府権力が検査するか否かの判断を握っていることになる。

結果、感染した可能性のある患者は相変わらず検査を受けられず、大勢の日本人が殺され続ける現状は変わらないと思われる。

首相が会見で宣言した政策を骨抜きにして「政策潰し」をした加藤厚労相。

“表面的にはウソをつかずに実態として覆す”
これは共産思想の手法による見事な(共産主義者たちから見れば)謀略だ。

引用元:
 https://mainichi.jp/articles/20200302/k00/00m/010/302000cより画像引用

安倍 VS 加藤? 感染研の謀略?

この攻防を眺めていて「安倍 VS 加藤」のバトルが繰り広げられていると感じる方は多いかもしれない。
私もそれは一面で正しい観察だと思う。
例えばこちらの方も同じ考え。
厚生労働省 Vs 安倍総理の図式が見え隠れする。
今回の安倍総理の会見で「政府が」と何度か出ており、これは厚生労働省との軋轢(仲が悪い)が生じているのかもしれない。
日本は、残念ながら総理大臣が一番ではない、経済界、官僚、それに関与する政財界の人間、これらの権力が非常に高い。

でも、何故こうなったのか。

単に個人としてお二人の仲が悪いのか?
または権力闘争? 利権絡み?
それとも噂通り、国立感染研究所の謀略なのか?※

※感染研の謀略とは:

最近、感染研出身の岡田晴恵さんの告発によって「検査が進まないのは感染研がデータを独占したいからだ」という話がまことしやかに囁かれるようになった。
ネット民曰く「感染研の前進は731部隊だから納得」(??)だとか。
私は疫病防衛は軍事なのだから、国家の感染病対策機関が軍に属することは当然と思う。前進が731部隊だという話も自然でありデマでも何でもないだろう。だいたい「731だから悪いことをする」という発想が偏ったイメージによる決めつけだと言える。
軍は国家の所属であり国民を守護する役割を持つ。たとえ731であったとしても軍部が日本国民を殺戮する謀略を自ら計画する、というのは筋が通らない話だろう。
岡田晴恵さんは政治家からその話を聞いたそうなので、おそらく騙されたのだと思う。それこそ本当の敵を隠すための謀略だ。こんな謀略に乗って731説を後押ししている上昌宏氏も敵を読み誤っている。
(なお、ネトサポ/ネトウヨたちが上昌宏氏を「サヨク工作員」と呼んで攻撃しているが、今現在ネトウヨの正体こそ中共を主人とする工作員であるから信じないように)
参考  『元研究員が衝撃告発 司令塔・感染研に“検査拡大”妨害疑惑』



真相は、日本 VS 中共。これは中共の謀略

もっとシンプルに考えれば真相が見えてくるのではないか。

冒頭でリンクした「前回」「前々回」の記事を読んで欲しい。あくまでSFと言って推測として書いているのだが、最近の日本政府(厚労省・安倍さんを除く内閣)の言動を見ているとあの話が真実ではないかと思えてくる。

相手方の視点で眺めれば分かりやすいかもしれない。

【設定】もしもあなたが、東アジア征服を目論む中共政府の戦略担当だったら? 日本をどう墜とす?

 前提
  1. 日本国は憲法で軍隊を持たない建前となっているが、実はわりと高度な軍事力を持つ手ごわい国。さらに米国と同盟を結んでおり、日本列島に米軍が駐留していることは中国の東アジア侵攻をはばむ最大のネック。
  2. 日本国人口は一億二~三千万人。中国人口は十三~十四億人で見かけ上は圧倒で有利に見えるが、真の共産党シンパで政府の手足となる者は一割に満たない。 (つまり優良な戦闘員になり得る人口だけで考えれば日本と中国は五分五分)
  3.  日本国の経済力の高さは脅威である。日本国がその気になれば短期間で中国を上回る軍備を持つことが可能。(中国経済は粉飾しているため現実「世界第二位」ということは全くない。実体経済では日本国に及ばない)
このため、中国の戦略担当者は「苦肉の策」にてウイルス兵器を使い日本の国力を弱体化させてから侵攻しようと考える。
具体的には次の通りの結果を期待する。
  • なるべく多くの日本人を病死させ、日本国の戦闘員となり得る成人人口を減らす。
  • 危険ウイルスから逃れるために米国が日本列島から軍隊を引き揚げさせる。(一時的にでも)
  • 日本の輸出入および国内ビジネスを完全停止させ、日本経済を底辺へ叩き落とす。
 このようにすれば比較して国力が弱い中国でも日本を征服できる可能性が出てくる。

その前に日本列島から米軍が引き揚げたなら、中国にとって長年の悲願だった台湾侵略も実現できる。
従ってウイルスは一石五鳥くらいの理想的な勝利をもたらしてくれる夢の戦闘兵器と言えるだろう。

しかし、これら計画を実現するために立ちはだかる強敵がいる。
それこそ、
日本の高度な医療技術
だ。

世界一とも呼び声の高い日本の高度医療の前では、夢のバイオ兵器でさえ太刀打ちできず無効化されてしまうだろう。
多大なる犠牲をはらって作り上げた兵器を無駄しないためにはどうするか?

日本の政治家を操り人形とし、「厚労省」という医療を牛耳る機関を使って
医療封じ
すれば良いのだ。

いかに高度な技術があろうと優れた医師がいようと、国家に医療技術をふるう機会を奪われ、封じられてしまえば患者を見殺しにすることしかできない。
だから、厚労省を乗っ取り日本国の医療技術を抑え込めばバイオ兵器戦略はうまく行く。(いずれは日本全土の侵略も達成できる)

※これこそまさに「加藤より始めよ」…いや、「隗より始めよ」

中国はこのような時のために長年、日本の政治家へ取り入って内通者を増やしてきた。
厚労省・加藤大臣はそんな売国奴の「手足」となって、日本の医療封じをお手伝いしているようだ。

ただ、加藤氏は嘘をつくのがあまりうまくないらしく、「自分のバックには主人がいますよ」ということが顔色や声音に表れてしまっていたが…
  スレッド続き:
 加藤厚労相の目が泳ぎ過ぎ。 嘘の特徴で、喉が詰まり声が出にくくなる。だんだん顔が赤くなる(笑)  ※特に中共発表の死亡者数データを述べていたとき・PCR検査について述べていたとき

 目を見れば人格が分かるという上司曰く 「加藤のバックには誰かいるらしい。台本読まされている」
 たぶん正解。

ちなみに「中共の侵略を手引きする」政治家とは誰なのか?

具体的に名を書き込むと法的な問題が生じるのでここではやめておくが、既にSNSでは有名な話なので検索を奨める。
なんでも家族が病気になったとき、虐殺されたウイグル人の臓器と知りながら提供を受けた大物政治家がいた。彼はこの時の件をネタに脅迫され中共政府の言うなりにならざるを得ないそうだ。あくまでも噂だが。
#臓器売買(+日本与党の大物政治家名)等で検索すると興味深い闇が出て来る。

この通り日本に中共の犬となった政治家は現実にいる。
今のウイルス侵攻は現実の侵略の始まり、という話は、あながち有り得ない空想ではない。


偽装やプライドのためにしては度を越している

この推測……ちょっと妄想的過ぎる?
でも他の謀略論に比べて、これが唯一スッキリと筋が通る話のように思える。
「感染研がデータを独占したいだけ」とか「厚労省は怠慢で現状を把握していないだけ」なのだとしたら、もはや愚か過ぎて話にもならない。
無論、日本ならその可能性もあると思えるところがまた悲しいのだが。

私もPCR検査ができないよう政府が抑え込んでいることについて、始めはただの「数のごまかし」に過ぎないと思っていた。東京オリンピックを開催したいがために感染者数を少なく偽装しているだけだと。
でも、いくらなんでも偽装のためだけに治療放棄で人殺しをするのは度が過ぎている。
(数を偽装したいだけなら、検査と治療は行って公表する数だけ変えてしまえばいい。それがいつもの汚い日本政府のやり方)

今回は人命軽視どころか積極的な「殺人」とも捉えることができる、強力な犯罪が遂行されている。

これは日本国内の利権やプライドとは次元が異なる。
故に、既に侵略戦争が始まっているのだと考えるのが最も筋が通る。

安倍さんは闇を知らない可能性大

おそらく安倍首相は一人このような裏側の犯罪から切り離され、何も知らずに祭り上げられているだけと思われる。

彼も彼で正義感がなく、人道意識も低いから犯罪者の言うなりで流されてきたのだ。
でも今ようやく「ヘンだ」と気付いて僅かな抵抗を始めたものと思わる。

政権内で孤立し周りは敵だらけ。
まともな話が通る理解者は一般国民しかいない。
……余談だけどこういう状況、私には感覚的によく分かる。国民へ直接訴える手段のある現代はまだマシだと思う。
(古代には国民と直接コミュニケーションを取る手段が一切なかった)

安倍さん、トランプ氏のように自由なツイートをしろ。
政権内で行われている犯罪を全部暴露してしまえ。


追記

前にも書いたことを一応述べておくが、「中共が生物兵器ウイルスを拡散して侵略の土台を作る」…こんな戦略はまともな国では計画しない。だから通常の戦略思考では読めない。
「生物兵器が人道に反するから」 などという理由からではなく、今のところ最大の犠牲を払っているのは中国であるから。
COVID19=生物兵器説を頑なに信じる中国ウォッチャーの中でも「研究所から誤って漏れた。中共が隠蔽したため世界へ拡散してしまった」と考えている人が多い。
今のところ「中共が計画的にまいた」と考えているのは私くらい。他に見たことはない。
(ただし渦中の武漢の人々だけは、これは計画的に散布されたウイルスだと考えているらしい。地元住民だからこそ気付くことがあるのか)

実際、中共が計画的にウイルスをまいたのだとしても、これほどまで世界に広がると考えていただろうか?
私はもうウイルスを作った当事者たちにもコントロール不能な状況となっているのではないかと思う。(政府高官と、全人口のうち6%の共産党員はワクチンを打って無事なのだとしても)

何より中国経済はズタズタで国民の政府に対する信頼も無に等しい。
この状況で中共が侵略戦争を始めるとは通常なら考えにくいのだが、なにしろ共産国だ。死にかけた人を鞭打ってでも目的を果たそうとする可能性がある。きっと最後まで戦争遂行できないだろうが戦争を起こされただけでも日本や台湾などの被害は甚大だ。
荒唐無稽と笑うのではなく警戒すべきと思う。

 続き。3/19言及に答える形での考えまとめ >>WHOと中共の謀略は『史記』を眺めているようだった【他、言及返答】