“在りし日の武漢” 写真を集めたページに涙 他

雑談です。
本日Twitterでメモした件、あのアカウント界隈では誰も興味を持たない話なのでここに転載。

国家に不測の事態があっては駄目

botルー・イー(陸毅)孔明の台詞が気になり思わずRT。


孔明と会話しているみたいで痛いな。笑

まるで今日本等で起きている事件への言及のごとき、タイムリーなbotの呟きだったので思わず反応してしまった。TwitterのAIがタイムラインの関連ワードを読み、浮上させるのだろう。

真面目に書けば。
私は「たいていの災いには予兆がある」と思っている。
「予兆」とは古代の人々が語った占い的な意味(西洋では「オーメン」)ではなくて、現実に表れている情報のこと。

自然災害や身内の裏切りまでは誰にも予測つかないだろうが、何事が起きても被害を最小限に抑えるような備えくらいはできるはずだ。
たとえば日本国は、感染症に対応する仕組みはもっと早い時期に整えるべきだった。過去SARSや新型インフルを眺めていたはずなのに今まで何をやっていたのか。

まして今回のバイオハザードは水際防衛が充分に可能だったろう。台風発生から到来までの日数に比べても遥かに余裕があった。
既に中国内ではパンデミックが始まっていたのに春節観光客を拒否しなかった、それどころか武漢がアウトブレイクで崩壊した今もまだ日本は中国からの観光客を止めていない。有り得ない。
近未来の危険だけではなく、今まさに目の前で起きている現実の危機すら見ようとしない日本人。
何、日本政府と日本一般人は、現実が見えなくなる魔法の眼鏡でもかけているのか??
完全なる人災に腹立たしさを覚える。

さらに国会中継を見ると、この未曽有の国家危機の最中に政治家たちはまだ「桜」だの「ヤジを飛ばした」だのと幼稚園児のホームルームを行っている。
信じがたい怠慢。税金泥棒。税金返せ。
頼む、あなた方が先に感染して消えてくれ。
でも政治家たちは感染しないのだよな。何故か。

そう言えば安倍首相たち首脳陣は去年12月に中国を訪問しているのに、どうして感染・発症していないのだ?
怪しいな。
習にワクチンを打ってもらったのか?
今の安倍政権の媚中行動を見ているとそう疑われても仕方がないと思えてしまう。残念。

在りし日の武漢

新型コロナウイルス発生以前の武漢の写真に涙した。

あの、海に似た大河の流れ。
一千万人都市の日常を写した光景が眩しい。

※写真集への直リンクは不可のようなので画像引用させていただきます。武漢写真集(全57枚)はこちらの記事の下のほうにあります。
withnews.jp





(c)withnews 『三国志の舞台、長江の眺め 「武漢」の魅力 普段の市民の生活も…』より引用

 写真提供者に感謝。
「在りし日の武漢」ということで消えてしまった都市のような扱いであることに胸を痛める。
どうか彼らの元通りの日々が戻りますように。

武漢市の女性、決死の叫び

最後に他ブログ記事のお知らせ。
武漢市の女性による決死の叫びを日本語訳テキスト展開しUPした。
彼女の声が多くの人へ届くよう願う。

6kn578k4yygf.blog.fc2.com

関連記事


プラグイン作成:スケ郎さん