兵士を「惨め」と言わないで欲しい

明日も仕事で早いので短めに反応するけど、高須院長のこのツイートを見かけて腹の底に響く重い痛みを受けた。


落伍兵という言葉は暴力的

 水木先生が落伍兵?? 
なんということを言うのだろうね? 暴力的で軽々しい。

戦場で戦った兵士に落伍兵や英霊の区別はないと思う。
生きて帰ったならば「落伍兵」なのか、犯罪者なのか、嘲笑されるべきなのか? 私はそうは思わない。

飢えと病と、命を失う恐怖に襲われながら戦った時点で全ての兵士は同等の英雄だ。
もちろん戦場で亡くなられた日本兵には言うまでもなく敬意と感謝を抱く。
必死に生き延びて帰った兵士たちもその勇気を称えたいと思う。そして水木先生には、素晴らしい作品を遺してくださったことに感謝する。

我々は水木先生の妖怪たちに囲まれて育った。子供の頃、水木先生の妖怪辞典を眺めていた日々を覚えている。
妖怪たちは怖かったが温かくもあった。
深くて濃厚な多神教の文化。そんな日本文化の真髄を伝えてくださった水木先生には感謝こそあれ、「落伍兵」などと罵倒する気は微塵もない。
生きて帰ってくださったことに感謝だ。

院長の誤りと共感したコメント(リプ)

思うに高須院長は、反戦や自虐史観・その欺瞞をもとに日本から武力を奪って侵略しようとする勢力を牽制するためにあんなことを書いたのだろう。
だが、それなら現実に自虐史観の嘘をばらまいている者たちを叩けばいい。ピンポイントに。
(高須院長がRTしたツイートは確かに自虐史観で日本を貶める目的のもので、誤っている。院長はその点を突くべきだった)

戦争を体験された方々は現実に恐怖と痛みを感じたために本能で「戦争は嫌だ」と言っていただけ。左翼思想の工作員ではないのだから、彼らを今の政治抗争に巻き込んで語らないで欲しい。
前世代の人々には前世代なりの価値観があったので時勢によって分けて語らないと左右からの評価を失うだろう。

下の人々は左右どちらか分からないが、このリプライに限っては私も同意。

@KMisuzu0624
戦場で実際に過酷な体験をされ
片腕もなくされた水木先生が描かれる
魂のこもった戦争体験漫画を非難する権利は
生ぬるい現代に生きている私達にはないと思います。

 @TBl3HlKRPVu56De
水木先生自身の描いた水木しげる伝を読んでみてください。漫画ですが。 水木先生はとてもフラットです。 現地で「死んでもいいや」となったり「やっぱり絶対死にたくない!」となったり、とても人間的です。 先生のように腕を失い帰ってくる人もいれば、勇敢に戦い亡くなった人もいる。 どちらも兵士

一兵卒は惨めではない

高須院長の発言で思い出した。
前に「戦場で死んでいく惨めな一兵卒」と諸葛亮を比較し、
“惨めな一兵卒になりたいですか? 千年以上も称えられる諸葛亮を目指すべきです”
と仰っていた人がいたことを。
その言葉に激しい違和感を覚えたのだった。

私は戦場で死んでいく兵士を「惨め」と思ったことがない。「可哀想」なだけとも思わない。
命令する人よりも戦場で戦う人々のほうが遥かに凄い、偉い、尊敬に値すると子供の頃から思っていた。
だから兵士を「惨め」と呼ぶ価値観が私には理解ができない。

むしろ昔の私は、戦場に行かず命令するだけの人を軽蔑して軽く見ていた。
今は成長したので命令する立場の人々も見下すことはない。(かつての日本の大本営は戦略能力も人間としても駄目と思うが)

立場があろうと無かろうと、懸命に生きて戦う人の価値は同等なのではないだろうか?

人間の価値は立場で決まるものではない。戦場で最終的に死んだか生きたかも関係ない。
もし価値が測られるとしたら、どれだけ懸命に生きたかによるのだ。

関連記事


プラグイン作成:スケ郎さん